虫歯予防と虫歯の原因〜虫歯菌と糖と炭水化物。予防法と対策

虫歯予防と虫歯の原因〜虫歯菌と糖と炭水化物。

虫歯というものが、なぜできるかと言いますと、

歯の表面や、歯の隙間、歯肉との隙間などには、
様々な細菌が住んでいます。良い菌も悪い菌もいます。

その中で、歯を虫歯にさせる菌が、虫歯菌(ミュータンス菌など)です。

虫歯予防と虫歯の原因〜虫歯菌と糖と炭水化物。

人の食べたものや飲んだものに含まれている炭水化物や糖を利用して
歯を溶かす酸を作ります。

この酸が歯を溶かす作用があります。
溶かされた歯は、唾液の働きで元に戻ります。

こうしたバランスが崩されたときに虫歯となって歯に表れるのです。

予防法や対策法について説明していきます。

虫歯にならないための虫歯予防法と対策いろいろ

虫歯
虫歯菌が大好きな糖分を大量に摂取する時間が増えたり
毎日の歯磨きを怠ったりしてしまうと虫歯になってしまいます。

 

歯磨きは、虫歯予防にかなり有効です。

 

過去に詰め物などした歯の間に細菌が潜んでいますので、
虫歯予防には、バランスの良い食事をきちんと3食とることが大事だと思います。

 

また水分を欠かさずとることも虫歯予防には大事です。

 

口の中が湿った状態が続くと虫歯になりにくいと言われており、
常に口の中を湿らせておくことが大事です。

 

仕事や学校に行っているとき、昼休みに昼食をとった後、歯磨きするのも大事です。

 

忙しくてなかなか難しい時にはキシリトールガムをかむことも重要です。

 

自分で歯磨きを行いにくい部分には、歯科医などでとってもらうことも大事です。

 

自ら歯を磨くときには、独特の癖がついている方も多いと思うので
定期的に歯医者に行って定期検診を受けるのもいいと思います。

 

また、横向きに生える親知らずなどは早めに抜いておくのがおすすめです。
親知らずがあることで歯を磨きにくくなって虫歯になりやすい傾向があります。

 

ほかにも虫歯になりにくくするために、セラミック加工をほど起こしておくのもいいでしょう。

 

また、主に子供用の歯磨き粉になりますが、大人でも使える、ブリアンという歯磨き粉が
虫歯予防には良いとのこと。虫歯菌が入れない・増えないようにするため、
ブリス菌という良い菌を、お口の中に補う歯磨き粉なのだとか。

 

歯磨き粉を付けずに歯磨きして口をすすいだ後に、このブリアン歯磨き粉を付けて、
ブリス菌を補うと良いらしいです。

 

私の親も、小さい頃にこういった歯磨き粉を使ってくれていれば、あまり虫歯にならなくて
すんだのに・・・って思います。

 

うがいが不要なので、歯の磨けない、磨きにくいお年寄りで使っているかたもいるらしいです。

 

お子さんをお持ちの方はぜひ検討してみてください。