子供の虫歯予防の為に親ができること〜ブリス菌で虫歯菌対策-ブリアン歯磨き粉、楽天やAmazon等最安値を発見

子供の虫歯予防の為に親ができること〜ブリス菌で虫歯菌対策

子供の虫歯予防の為に親ができることは、どんなことがあるのでしょうか?

虫歯の原因から、虫歯への対策を見ていきましょう。

虫歯の原因はさまざまありますが、その中でも、
★虫歯菌
★歯の質
★糖分

の3つがそろって初めて虫歯になることが分かっています。

では、これらの3つについて、詳しく見ていきましょう。

ブリス菌という、画期的な虫歯予防方法についても解説していきます。

虫歯菌と虫歯菌をよせつけないブリス菌入りブリアン歯磨き粉

はじめの、虫歯菌について見ていきましょう。

 

まず、虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんは持っていません
0です。ですので虫歯になりようがないのですが、
親との食事などから少しずつ口に入り、増殖してしまいます。

 

虫歯菌は口の中にいるので、乳歯は生え変わるから
虫歯になっても大丈夫なんてことはありません。

 

乳歯が虫歯になれば永久歯が虫歯になる可能性もかなり高いです。

 

もちろん、虫歯を持つ親や祖父母、お知り合いと食器を分けたり、
他のお友達が舐めた可能性のあるおもちゃを舐めないようにさせること、
そして、飲み物の飲みまわしや、食べ物の食べまわしや、
子供とチュッチュとキスをしたりしないように気を付けることで、
虫歯菌のリスクを減らすことは可能です。

 

しかし、幼稚園、保育園など目の届かないところでは、他のお友達から
虫歯菌をもらってしまう
こともよくあります。

 

こればっかりは、対策のしようがありません。

 

そこで、最近ブリス菌という菌に注目が集まっています。

 

このブリス菌、虫歯菌に対抗する菌であり、
世界中の虫歯にならない子供の口の中の菌を細かく分析していったところ、
発見された、虫歯予防菌なのです。

 

世界的には、この菌を配合した歯磨き粉などの予防グッズが発売されていますが、
日本ではまだ、ブリアンの歯磨き粉のみとなっています。
粉状の歯磨き粉で、イチゴヨーグルト味。すすぎ不要の歯磨き粉になっています。
口コミを見たところ、歯磨き嫌いの子供でも喜んで歯磨きをするようになるそうです。

 

歯の汚れを簡単に取った後、この歯磨き粉を付けて磨くことで、
ブリス菌を定着させていけるとのこと。

 

虫歯菌の入り込む隙間をなくす、画期的な歯磨き粉なのです。

 

ブリアン歯磨き粉の詳細はこちらにあります

 

こればかりは仕方がない「子供の歯の質」悪くしないように気を付ける

次に歯の質ですが、これは持って生まれた質により、虫歯菌に強かったり弱かったりします。
遺伝も関係しているといわれています。

 

歯が生えて数年はフッ素の吸収がいいので、
定期的に歯科でフッ素塗布をしてもらうことで多少歯の質は強くなりますが、
ある程度経ってからは、吸収力が弱まります。

 

食事で酸性の強いものばかり食べていたり、
頻繁な間食・甘いものばかりを食べていたりしても、
歯の質は弱まります。

 

もともとの歯の質・強さは変えることができないので、
フッ素塗布や、フッ素入り歯磨き粉などで、
歯を強くしていったり食事習慣で気を付けていくしかないですね。

糖分に関しては、虫歯菌は糖分がないと酸を作れないので虫歯にはならないのですが、
食事をすれば必ず糖分を摂取しますので、完全に避けることはできません。

 

なるべくチョコレートやケーキ、お菓子、ジュースなどの、糖分の多すぎるものは与えず、
食後に口を漱ぐようにするとだいぶん違います。

 

虫歯を予防するためには、唾液の効果も馬鹿にはできません。
唾液は食事をしながら歯の洗浄をしてくれる大切なものです。
よだれがたくさん出る子を健康だというのは、全くその通りです。

 

唾液が少ないと、口の病気になりやすいのです。
唾液をしっかり分泌するには、
水分をこまめにとり、食事をするときによく噛むことも大切です。

 

軟らかい物ばかりを与えず、少し固いものに慣れさせて噛む回数を増やし、
唾液の分泌を促しましょう。

 

そして、何より大切なのが、やはり歯磨きの習慣をつけてあげることです。絵本や人形などを使ったり工夫して、楽しく歯磨きができるようにしてあげましょう。子どもが磨いた後は、必ず親が仕上げ磨きをしてあげましょう。子供だけでは磨いていても磨けていません。子どもは、はじめは泣いて嫌がるかもしれませんが、泣かれたら止めるのではなく、泣いても口を開けたら褒めながら磨いてあげましょう。時間はかかるかもしれませんが、必ず泣かなくなります。絶対に怒ってはいけません。歯磨きが嫌いになる原因になります。毎日の習慣として楽しく歯磨きをすることができるようになれば、何よりの虫歯予防になり、子どもが将来虫歯で苦労することも減るでしょう。