幼児・子供の乳歯の生え変わる時期・年齢はいつ?順番は?

幼児・子供の乳歯の生え変わる時期・年齢はいつ?順番は?

幼児・子供の可愛らしい乳歯も、
いつかは抜けて大人の歯、永久歯に生まれ変わりますね。

幼児・子供の乳歯の生え変わる(生え変わり)時期・年齢はいつで、どんな順番
なのかをご紹介したします。

幼児・子供の乳歯の生え変わり時期・年齢はいつ?順番は?

幼児・子供の乳歯の生え変わりの時期・年齢

幼児・子供の乳歯の生え変わりの時期・年齢ですが、

 

幼児・子供の乳歯の生え変わりは、個人差がありますが、一般的には
6歳から(年長から小学1年生)始まり、
12歳ぐらいに生え揃うと言われています。

 

つまり、早い子は年長さんから永久歯に生え変わり始めます。

 

幼児・子供の乳歯の生え変わる(生え変わりの)順番と6歳臼歯

では、次に幼児・子供の乳歯の生え変わる(生え変わり)順番ですが、

 

こちらをご覧ください
幼児・子供の乳歯の生え変わりの時期・年齢
画像:https://www.lion-dent-health.or.jp/


★乳歯の奥歯の奥に、6歳臼歯とよばれる大臼歯が生える。
★6〜7歳で下の前歯、7〜8歳で上の前歯が抜けて生え変わる
★前歯を中心に、奥歯の方へ向かって抜けて生え変わっていく
★12歳頃までに乳歯が全て抜ける
★親知らずなしで生え変わりの完了は13歳頃。
★親知らずは、17歳〜21歳頃に生えてくる。

 


 

乳歯が抜ける点に注目してみると、

 

★最初に抜けるのは下の前歯
★その次は上の前歯

 

になります。が、、、
実は、永久歯の生え変わりの開始は、抜ける事ではなかったのです!

 

乳歯の奥歯のさらに奥に大きな永久歯が生えてきます。
この永久歯は「6歳臼歯」と呼ばれ、永久歯全体の支点になります。

 

この永久歯「6歳臼歯」は、唯一乳歯がない歯肉を突き破って生えてくる永久歯で、
6歳前後に生えることから「6歳臼歯」と呼ばれています。

 

この、6歳臼歯が、生え変わりの始まり・第1歩となるわけなのです。

 


 

6歳臼歯と呼ばれる歯は、知らないうちに生えてくる上に、
先に生えている乳歯の奥歯の段差から、
歯磨きの磨き残しをする可能性も高く、
虫歯になりやすいそうです。

 

6歳臼歯が虫歯になると、
他の永久歯の歯並びが悪くなったり、
しっかり噛めなくなったり、支障がきたすようになるので、
6歳前後になったら、歯磨きの時に奥歯が生えていないか
しっかりチェックしなければいけません。

 

もし、6歳臼歯が生えてきたら、
奥にしっかり歯ブラシを入れて、
段差の所の磨き残しに気を付けながら
特にしっかり磨いてあげましょう。

 

生え立ての永久歯は、
まだやわらかいこと、他の歯との段差で虫歯になりやすいので、
特に注意が必要です。