子供の歯磨きはいつから?嫌がらないコツは?〜歯磨き・歯磨き粉・歯科検診等

子供の歯磨きはいつから何歳から始める?嫌がらないコツは?

子供の歯磨きは何歳から、いつから始めればいいでしょうか?

そして、嫌がらない方法はないのでしょうか?

そのあたりを詳しく見ていきましょう。

ブリアン歯磨き粉は何歳から使いはじめ何歳まで使えばよいのか?

子供の歯磨き開始の年齢、いつから?

子供の歯磨き開始の年齢は
ズバリ、歯が生えたら!

 

生え立ては歯もしっかりしていないし、
いきなり歯ブラシでは歯茎を傷めてしまいます

 

そこで使うのは、ガーゼ

 

ガーゼを濡らし、大人の人差し指に巻き付け、
やさしく小さな歯をやさしく磨いてあげます。
(最初のうちは「拭く」ような感じ)

 

実は、この最初の歯磨きが大事なのです。

 

0歳代のうちから、
口の中に何かが入ってくることに慣れさせる意味もあります。

 

慣れてきたら、乳歯用の歯ブラシを与え、
自由に噛ませて、歯ブラシに慣れていいと思います。
(のどに入ると危ないので、しっかり見守りましょう)

 

授乳後や離乳食後に習慣づけるといいですね。

嫌がらない歯磨きの仕方・方法

いつも子供が嫌がって、大泣き。毎回疲れます・・・

 

こんな声をよく聞きますね。

 

嫌がる子は、
「痛い、苦しい、怖い」
と子供なりに理由があると思います。

 

一度、歯磨きでイタイ思いをするとその後も怖くて嫌がるそうです。

 

なので、赤ちゃんの最初の歯磨きから痛い思いをさせないように、
親が気を付けてやらないといけませんでした。

 

しかし、一度嫌がってしまったら大変です。

 

やらないと虫歯がまっているのですから。

 

嫌がらない歯磨きの仕方・方法を身に着けるようにすると、
子供は、歯磨きの苦手意識が薄くなってきます。

 

嫌いを好きになる方法としては、
・強く磨きすぎず、上唇小帯を触らない。
上唇小帯とは、上の歯茎の上にあるひらひらした場祖。
触ると痛いので、指などでガードしましょう。

 

・歯磨きは大切、楽しいと思わせる。
親が歌ったり、教育番組や、絵本を見せてあげましょう。

 

・おいしい歯磨き粉を使う
「うちの子はまだ小さくてうがいできないから、
歯磨きはまだ使えない」
という場合もあると思います。

 

でも、大丈夫!

 

そんな子供でも使える歯磨き粉はあります。

 

しかも、甘くておいしいのに虫歯を予防してくれるのです
では、どんな歯磨き粉がよいのでしょうか?

 

子供に安心して使える歯磨き粉とは?

子供が大喜び!子供に安心して使える子供用歯磨き粉、それは・・・

 

ブリアン」…イチゴ味。最後はうがいしないでもOK.虫歯菌を追い払う良い菌を作ってくれます。しかし、高価
ブリアン歯磨き粉はいくらくらいするのか?

 

ハモリン」…薬局や子供用品売り場で手軽に買える。塗るフッ素なので、すすぎ不要。ブドウ味など甘い味
ハモリンはこれです

 

おいしいから、きっと毎回歯磨きタイムが楽しみになるはずです!

 

ただ、すすぎがきちんとできるようになったら
すすぎが必要な子供用の歯磨き粉にしていくのも良いでしょう。
きちんと、歯の表面のプラーク(歯垢・しこう)や固すぎない歯石でしたら
とることができますのでお勧めです。

 

ここで注意!
歯磨き粉を使うときは、少量にしましょう。。

 

なぜなら、泡立ちすぎて苦しくなり、
しっかり歯が磨けないからです。

 

また、泡立ったことにより、しっかり磨けたと思ってしまい、
磨きが不十分となってしまうこともよくあります。

 

そして、フッ素配合のものなら、
「すすぎは1回」
フッ素の成分も洗い流してしまうからです。
ですから、歯磨き粉は少な目にしましょう!

 

楽しい歯磨きタイムになるといいですね。