「フッ素入り歯磨き粉」で虫歯にならない?〜ブリアン歯磨き粉、楽天やAmazon等最安値を発見

フッ素入り歯磨き粉と虫歯予防効果

フッ素入り歯磨き粉」で虫歯にならない?
となんとなく聞いて、使用している人も多いと思います。

そもそもフッ素入り歯磨きとはなんでしょうか?

フッ素とは一体どのようなものなのでしょうか?

本当に虫歯予防効果はあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

フッ素とは?

フッ素はなぜ虫歯予防に良いのでしょうか?
・虫歯菌を弱らせる
・虫歯菌による歯から溶けてしまったカルシウムとリンの再石灰化してくれる
・歯を強くして虫歯菌に負けない歯にする

 

以上の理由から、フッ素虫歯予防になるようです。

 

乳歯や、生え変わった永久歯ははまだ柔らかく、
フッ素を塗ってあげることで強化してあげることが、
虫歯予防に役立てられます。

フッ素入り歯磨きの効果的な使い方

フッ素がなるべく歯に触れている方が再石灰化効果が得られるため、
すすぎは1回ぐらいがいいようです。

 

特に、口内の雑菌が増える就寝の前は念入りに
歯磨き粉を付けて磨きましょう。

 

かといって、強めに磨くと、
逆に歯が傷ついたりしますので、
優しめに、じっくりとかコツです。

 

フッ素は毒なの?

フッ素について調べていると、
フッ素である」
という説があり、フッ素は使いたくない、
という意見もあると思います。

 

フッ素の毒性とは、
・発がん性
・脳神経障害
・歯の石灰化は起きない
など

 

しかし、フッ素虫歯予防にいい!という人がいれば、
体に悪い!と賛否が分かれています。

 

しかし、フッ素が歯に良い、歯を再石灰化させる、
というのも、体に悪いし、虫歯予防なんて効果ない、
という意見も、どちらも100%正しいということはわからないようです。

フッ素入り歯磨き粉で虫歯にならない?まとめ

どちらを信じるかは個人の判断ですし、
どんなものでも取り過ぎれば有害になることはあります。
(例えば、生きていくためには塩分は取らないといけませんが、
取り過ぎると高血圧など、体には悪いことが起きます)

 

普通に歯磨きとして使用している分では、
フッ素を有毒なほど取ることは、とても難しいことですし、
ありえないことです。

 

一番大事なのは、適度に適切に使い、
しっかり歯磨きをして、歯を守りましょう。

 

また、この歯を強くするフッ素入り歯磨き粉だけに頼ることなく、
フロス・糸ようじ・歯間ブラシで、歯の隙間の汚れを取ったり、
水で汚れを取るウォーターピックを使用したり、
虫歯菌を寄せ付けない菌を配合したブリアン歯磨き粉のような
歯磨き粉も検討することもおすすめします。

 

大人の方で口臭や歯周病が気になる方は、
歯周病菌を殺菌する歯磨き粉を使用したりするのも良いでしょう。
歯周病がひどくなると、歯が根元から抜けてしまいます。
気配があればやはめに対策を打つことをおすすめします。